「産学連携協議会」 紹介

 福岡大学は、文系から理系、生命科学系に至る総合大学として、多くの卒業生を社会に送り出してきました。現在まで、約25万人の卒業生を送り出し、社会の各方面で活躍されています。特に、企業の経営に携われ活躍されている方は、全国で約3,000人、九州・沖縄地区で約2,500人に上ります。
 これら卒業生の方々が経営者となっている企業間のネットワークを形成し、企業の活動と福岡大学との産学連携および人材育成を強化していくことは、福岡大学と企業双方の発展へとつながります。また、経営者・企業相互の親交を深め、ビジネスの振興を図っていくことは、企業にとっても多くのメリットがあるものと考えられます。
 このようなネットワークの形成および福岡大学と企業の方々の連携を図るため、平成26年11月5日に福岡大学産学連携協議会が設立されました。つきましては、本協議会の趣旨をご理解いただき、多くの方々にご賛同・ご参加いただくことを願っております。

共同代表  吉田 茂視(㈱メモリード 代表取締役社長)
共同代表  山口 政俊(福岡大学長)

Page Top